Osaka Bay Seabass Challenge

5月27日に行われたシーバス大会にお客様のボート「シーウォーカー号」でキャプテンとして参加してきました。
アングラーはオーナーとオーナーの教え子君。
ルアーで仕留めたシーバスを一人3本、生きたまま持ち帰り3匹の長さの合計で競うトーナメントで年間5戦戦います。今回は第2戦。


午前五時、大阪北港のポートマリーナにて集合&受付。スタートの順番を決めるクジをひいて「TEAM SEA WALKER]は8番。20隻ほどの出場だったのでちょうど中ほどのスタートとなり、先ずは西宮へ。
大会前に調査した時に60cmアップが連発したポイントへ入ったのですが、金曜日からの雨の影響で完全に水潮状態。1時間ほど粘ったのですが釣れるのは型のいいチヌばかり・・・。
さすがに状況が良くないので、オーナーのお得意の堺エリアへ移動!途中、舞洲の橋脚でオーナーが1匹獲ってすぐに移動。こちらは魚探の反応はとても良かったのですが食いが浅くバラシが多かったです。
そして堺へ。堺港内で教え子君がキーパーサイズの40cmを超えるシーバスを3本キャッチし、堺港の外に突き出たパイプラインを攻めに行きましたが、こちらも食いが浅くキャッチすることができずポートマリーナのほうへ向かうこととなりました。
最後にもう一度、舞洲エリアを探ったのですが12時までに戻らないといけないので時間ぎれ・・・。
e0067324_10434236.jpg


結果は、オーナーが1匹、教え子君が3匹。3匹そろえた中ではなんと2番目でした!!
といっても、下からですけど・・・。
オーナーも私も初めての大会でした。ポイントの組み立てや時間配分など色々と勉強にもなりました。プレッシャーもすごかったですし・・・。
第3戦は7月で私は出場できるかわからないのですが、また出場してみたいですね。

堺フィッシングサービスの京柄船長初め大阪ベイフィールドアシストクラブのガイドの皆様、司会を勤めておられた「四季の釣り」の伊丹さん、協賛メーカーの方々、そして選手の皆さんお疲れ様でした。
[PR]

by olivers_bort | 2007-05-31 10:49 | ウェイク・ボード